中央線が結ぶ2つの歯科医院で
みなさまの歯の健康をお守りします
西荻窪では土・日も診療 
御茶ノ水ではお昼休みも診療しています
一般歯科・小児歯科・予防歯科・矯正歯科
JR西荻窪駅北口徒歩5分  0120-884-613 土・日診療

中林が斬る!

歯のトラブルを化学的に理解し、歯と口の健康維持に役立てましょう
東京医科歯科大学名誉教授 中林 宣男先生が歯科医療関係者に向けて書いたお話の中から抜粋して掲載いたします。

歯のイノチを守るエナメル質 

 
 私達の身体は皮膚で覆われ、イノチが守られている。生物の原点、細胞が地球上に現れたときにも、細胞膜で覆われていた。生物を構成している細胞は細胞膜で囲まれて、それぞれの機能を果たしている。
 外来刺激不透過性の緻密なエナメル質で象牙質、歯髄を取り囲み歯の機能を果たしている。歯のイノチを守る環境をエナメル質は保っている。即ちエナメル質は歯のイノチを守る砦と考えるべきである。安易にエナメル質を削り取ることは生きた歯の環境を破壊して、歯のイノチを危険にさらす恐れがあり、再検討すべきと考える。
 エナメル質は乳酸不透過性であるが、血液のアシドーシスの修正はどのように行われているか。骨を構成しているHAP(ヒドロキシアパタイト)がカルシウムイオンを供給して緊急に補正している。口腔内に生息するS連鎖球菌が乳酸を産生している。エナメル質は乳酸を中和して、自らは分解され口腔内を中性に保っている。これがエナメル質う蝕の始まりである。唾液に緩衝能があるから口腔内は中性に保たれると説明されているが、血液のアシドーシスの補正メカニズムから推察して、骨と同じようにエナメル質のHAPが乳酸の中和に利用されると見るべきである。口腔内(唾液)のpHが中性であっても、乳酸が溶けていると、乳酸はHAPと反応してエナメル質は脱灰される。
 エナメル質より象牙質のう蝕罹患速度が早いとされているのはHAPの結晶のサイズが小さいためである。唾液のphを計測してそれの緩衝能が、唾液を中性に保っているとするのは乳酸がHAPにより中和された後のpHを計測している可能性に留意したい。HAPの分解はエナメル質の表面で進行するとすべきであろう。特にバイオフィルムで取り囲まれた固層の歯の組織では、そこで産生される乳酸は唾液に拡散する以前にHAPを分解するとすべきである。
 乳酸によるう蝕が象牙質に到達すると、歯髄は外来刺激により疼痛を訴える。これは歯のイノチが危険にさらされているという信号であり、刺激が歯髄を刺激しないように露出象牙質を封鎖して保護する必要がある。
 修復歯のエナメル質の不透過性が確保されていなかったとき、象牙質に乳酸などの外来刺激の浸襲を防ぐ防護壁、エナメル質に順ずる構造物、が存在するか。これが、修復歯の二次カリエスによる寸法精度に優れた修復物でさえ脱落する運命が待っていたのである。脱灰象牙質は外来刺激透過性があり、これが以前研究されていたマイクロリーケージテストであり、これは脱灰象牙質の可視化方法であったとしたい。現在でもマイクロリーケージの解決策は中林らの報告を除いてない。
 中林らが報告してきた酸の不透過性を確認した樹脂含浸象牙質によるマイクロリーケージ防止策が唯一つ二次カリエスを防止し、修復物の脱落を阻止する方法である。HClとNaOClの攻撃に抵抗可能であることは、二次カリエスの防止が可能であることを示している。修復物の脱落は維持力の増強では解決できず、支台歯と窩洞の表層部に刺激不透過性の砦(エナメル質と同じ機能を有する人工物)を構築することが不可欠である。即ち刺激不透過性の砦により、修復歯のHAPが乳酸による脱灰を受けなくなり、結果として支台歯の寸法変化を阻止でき、修復物の脱落を防止できるのである。修復物の脱落が歯科の最大の問題点ではなく、口腔内で象牙質が脱灰されることを如何に阻止するかが問われていたのである。
 t.o.h.の活動は生物が安全にそのイノチを保てるようにする地球環境の維持運動にも通ずるのである。即ち歯のイノチを大切にする運動でもある。これが歯科医学の究極の目的でもあると考える。

歯ブラシを使って口腔内を清潔に保つ

 
 歯科医師が患者にインフォームドコンセントを正しくしてあげて、エナメル質に穴が開かない方法を教えてあげて欲しいのです。エナメル質は塩基性のリン酸カルシウムの大きな結晶でできています。中性ではエナメル質は変化しませんが、酸性の雰囲気、例えば乳酸が産生される口腔内、ではHAPが乳酸の中和に消費され、時間がたつとHAPの分解により穴が開くのです。エナメル質に穴を開けないためには、乳酸の産生量を可及的にゼロにする必要があります。これには歯ブラシを上手く利用する必要があります。これまでの予防歯科では、う蝕予防のために歯を磨いて歯垢をとることが大切とされてきました。しかし、現実はむし歯を完全にはシャットアウトできませんでした。歯の表面を磨いて歯垢を取ることはできても、口腔内で産生される乳酸の量は減らせません。乳酸産生菌は口腔内に生息しているので、彼らを兵糧攻めにして、食べ物のかすを乳酸に転換されないように、口腔粘膜(舌を含めて)を歯ブラシで清掃する必要があります。歯ブラシで口腔内を綺麗にすると当然生息菌の数を減らせます。
 このことを患者予備グループに教える必要があります。中林は初等中等教育の理科の時間に、むし歯は中和反応でできるということを教えてあげたいのです。化学の授業を生徒達が目を輝かせて聴いてくれるようにしなくてはいけないと思っています。化学は受験のためにあるのではなく、生活に役に立つ知識を教えてあげたいのです。
 食後口腔内をブラッシングした後の唾液を、洗面台のステンレスの上に載せて観察してみてください。米のとぎ汁のようなものが出てきます。これが乳酸になるのか、実習してください。歯のブラッシングだけでは磨く表面積が小さく濃いとぎ汁は観察できません。これを毎食後に行い、寝る前に歯磨きペースト(フッ素入り)で入念に歯の表面と口腔粘膜面をブラッシングしてください。これが、中林流むし歯予防法です。これを1週間くらい続けると口腔内がすっきりしてきて、止められなくなればしめたものです。賛同してくださる方はお試しいただき、そして、次はゆっくり周りの人たちに勧めてあげてください。これに成功すれば、究極的に歯科材料を使う場所はなくなると思います。誰でしょう。歯科医学の進歩には丈夫な歯科材料が必要だとした人は。修復物の脱落を接着で阻止しようとしたことも、論理性がなかったと思います。修復物が脱落した後の支台歯の寸法を精査すべきでした。良く観察しなかったから、塩基性の支台歯が酸性になる口腔内では不安定で、消えていったことに気付かなかったのです。

歯石を取るとむし歯になりやすい!?

 
 S.ミュータンス菌など乳酸を口の中で作り出す微生物が産出する酸によりエナメル質が脱灰されますが、エナメル質をきれいにして寝ると、寝ている間に目に見えない小さなエナメル質のう蝕は、唾液によりヒドロキシアパタイトが再結晶化され、う蝕罹患部は修復されます。これは、唾液の大変重要な役割です。唾液にはこのようなう蝕の治癒力があるのです。これを引き出すのも皆さんの生活習慣です。
 一部に唾液の緩衝能(緩衝作用)により乳酸の脱灰作用が無くなるという誤解があるようですが、たとえ唾液の緩衝作用でpHは下がらなくても乳酸は唾液に溶けており、ヒドロキシアパタイトと反応して、エナメル質が脱灰され、う蝕を作り出します。食べ物のかすを餌に口の中でS.ミュータンスに乳酸を作らせないことが、う蝕の防止には必須です。歯科医師が食後のブラッシングを強く勧める最大の理由は、この点にあります。
 口の中で乳酸が作られていることなど、誰も意識はありませんが、エナメル質は酸によって解かされ、う蝕に罹患するという事実を学び、エナメル質を乳酸に触れさせなくする、即ち乳酸を口の中で作らせないことが最高のう蝕罹患防止策です。むし歯が出来る原因は、化学で教わった中和反応によるのです。中和反応の酸は乳酸で、塩基はヒドロキシアパタイトです。
 
 歯石:スケーリングで除去しなければならないほど、歯石(基はプラークと唾液)が硬くなる前に、歯周組織やエナメル質に傷をつけないように柔らかい歯石を除去することが大切です。これには歯科衛生士さんの協力を頼みましょう(定期的健診を少なくとも3~6ヶ月に一回は受けましょう)。
 プラークは、S.ミュータンス菌が食べ物のカスを原料に作るねばねばした歯にくっつきやすい物質です。この中で、乳酸が作り出されるので、唾液からヒドロキシアパタイトの析出*は期待できず、乳酸では解けない中性のリン酸カルシウムが析出して、次第にプラークは硬い歯石に変化していきます。歯周病予防のために、歯石をスケーラーでがりがり取りのぞこうとすると、エナメル質に傷が付き、治すことのできない象牙質う蝕に罹患する危険が高まるので、プラークが硬い歯石に成長する前に、衛生士さんの協力を得て早めにプラークを除去することが、自分で歯を守る知恵でしょう。どうやら、歯科医師と歯科衛生士は歯石を作らない生活習慣を自分で体得している可能性が強く、彼らは余り歯周病に罹患しないようです。このコツを盗みましょう。
*唾液からヒドロキシアパタイトが析出するにはアルカリ性の雰囲気が必要で、酸性雰囲気では塩基性のヒドロキシアパタイトは生成されません。口の中を酸性にしておくと、むし歯になりやすいことも理解できますね。
 中林は、国民の健康維持のために、各小学校に看護士、保健婦ばかりでなく、歯科衛生士を配置することも大切であると思っています。 

化学の知識で歯と口の健康を守る

 

 
はじめに
 筆者は機能性高分子の合成と機能評価法を学び、医歯系大学の附置研でむし歯の治療に使う歯科材料を歯に接着できれば、歯科医療の改革につながるとの仮説を信じて、歯に接着できる材料開発を停年退官まで行ってきた。これを通して、残念ながら歯科医学に、化学を始め科学的思考が欠けていること、歯を削り歯科材料で治療するという歯科医療の根幹そのものが、誤りである可能性を知った。歯は細胞も血管もないため、創傷治癒も再生も期待できない特殊な組織である。
化学に興味がわかず、環境汚染化学物質を生み出す元凶のように誤解されている化学を、生活に密着した大切な知識を与えてくれる学問(勉強)であるという認識が欲しい。美味しい食事を楽しむには化学の知識を生かした調理法をマスターすることも大切であるが、入れ歯になっては美味しい食事を楽しむことも難しい。入れ歯にならないようにするには、酸(乳酸)とヒドロキシアパタイト(HA:塩基性リン酸カルシウム・Ca10(PO4)6(OH)2)の中和反応を理解すれば十分である。国から免許をもらっているはずの歯科医師が、こんな化学の基礎知識に欠けているとは何方もご存知ない。一部を除いて彼らは削って詰めればむし歯を治せると教育され、信じて疑っていない。
 
年をとって入れ歯で悩まないために
 人々はむし歯と歯周病を歯医者さんが治してくれると信じている。よもや、歯医者さんにむし歯の治療に行くと、将来入れ歯装着者にされるなど思ってもいない。歯を守る砦であるエナメル質を削り、酸に弱い露出した象牙質への修復物が脱落するのは、口腔内に生息しているストレプトコッカスミュータンス(ミュータンス)が乳酸を産生するためHAが解かされ、象牙質が分解される自然現象である。咬合や咀嚼により脳に刺激を与え認知症にならないためにも歯は大切な組織である。歯を失い、入れ歯の世話になりたくなかったら、口の中に住み着いている乳酸産生菌の数を減らし、産生される乳酸の量を減らす必要がある。

エナメル質の大切さ
 細胞膜は細胞を、皮膚は身体を守る重要な構造物であると同じように、エナメル質は歯を保護しそのイノチを守る重要な砦であり、これを削り去ることを自然は許さない。ところが、エナメル質を削ることが歯科医療の始まりであると誤解し、効率よく削去する道具(高性能切削器具)で砦であるべきエナメル質を取り去れば、歯のイノチが失われることを現代歯科医学は気付いていない。患者側の無知にも責任はあろうが、治療のためと信じてエナメル質を失うのは患者本人である。自然に逆らわなければ一生自分の歯を使えるように、口腔内という過酷な使用条件に十分耐えられる安定なエナメル質を自然は与えてくれているはずである。野生動物社会には歯科医師はいない。
 社会では歯や骨の無機成分をカルシウム或はリン酸カルシウムと言っているが、化学でカルシウムと言うとCaを、リン酸カルシウムと言うと安定なCa3(PO4)2 を意味する。確かにHAはリン酸カルシウムの一種であるが、酸と容易に反応する塩基性の結晶である。硬組織の無機質がリン酸カルシウムではむし歯や骨粗しょう症に罹患しない。エナメル質はHAの結晶の集まりであり、象牙質は水溶性の酸性グルコサミノグリカンなどの高分子電解質がHAとコラーゲンを結び付けた安定な構造物である。エナメル質も象牙質も酸に触れるとHAが反応し解ける。象牙質では脱灰象牙質が残り、HAが占めていたスペースを乳酸などが透過し、HAの結晶が小さいため象牙質の脱灰(むし歯)はエナメル質に比べて早く進行する。脱灰象牙質はコラーゲンが主成分であり、口腔内で加水分解されてむし歯の穴は大きくなり、歯髄(神経)は外界にさらされ痛みを訴えるようになる。この状態までむし歯を放置しておくと、歯には血管がなく自己治癒する機能が備わっていないため、歯科医師がどんなに良質な材料を使っても残念ながらむし歯を治せないのである。外界にさらされた歯髄が感染すると、治療は難しく抜髄になる。神経を取って(抜髄して)さっぱりしたという不注意な発言を耳にするが、歯髄を取られた歯は、歯の形はしていても枯れ木と同じで生きた歯でなく、時間とともに朽ちていく。無髄歯の処置が長持ちしないのは死んだ組織が朽ちていくためである。歯のイノチを大切にして欲しいのである。
 エナメル質に穴が開いてしまったら、緊急避難として乳酸と病原菌を透過させない砦(人工エナメル質)を酸に弱い象牙質の表層に設けてむし歯を擬似的治癒に導ければ、歯のイノチを守れると筆者は考えているが、教育、免許、保険など制度面に問題があり普及には時間を要するであろう。

中和によりHAを解かす乳酸の産生量を減らす生活習慣
 HAと乳酸の中和反応がむし歯の原因であり、口の中で唾液から中性のリン酸カルシウムが析出することが歯周病の原因(歯石の堆積)であることを理解したい。食後のブラッシングにより、ミュータンスらにプラークと代謝産物である乳酸を作らせない生活習慣を身に付ければ、むし歯と歯周病に罹患せず、おそらく歯の喪失を回避でき、入れ歯を必要とする頻度は激減するであろう。キシリト-ルはプラークを作り難い甘味料であるが、これでむし歯を防げるとするのは早計である。食器や調理用器具を清潔に保つのと同じセンスで、使用後歯と口の清掃(ブラッシングと水洗)に心がけたい。歯石の堆積を防ぐにもプラークが硬くなる前に歯ブラシで取ればよい。歯科医師や歯科衛生士からブラッシングの指導を受けることを勧める。また、エナメル質に穴が開く前に、歯科医師に定期的に歯の状態をチェックしてもらうことも大切である。歯が痛みを感ずるのはエナメル質に穴が開き、刺激が歯髄に到達するからである。この状態では遅すぎるのである。むし歯は治らない(治せない)ことを肝に銘じて欲しい。国民の総医療費削減にもつながると考える。
 
おわりに
 化学を愛してきたつもりの筆者は、「化学物質」と言う表現に抵抗を感じている。マスコミや市民運動家が好んで使う用語であるが、これが化学を公害の元凶で有害な学問であると烙印をおし、若い人々を化学離れにしていると感ずる。化学は新素材を生み出す原点であり、文化創造の源を担う重要な学問であることを強調したい。シックハウス症候群を発症させる化学物質でも、ホルムアルデヒド・トルエンと表現すれば、除去法をどうするか多くの人は気付くはずである。20世紀の科学技術は自然環境維持の大切さにまで思いがいたらずに進歩発展してきてしまった。ここで紹介した「歯を守る」ことでも、歯のイノチを大切にする知識があれば、治癒・再生できない歯の組織を削り取る処置を治療とは言わなかったと考える。科学全ての領域で、生物のイノチを大切にする考え方の構築が急務である。

「酸蝕症」と「う蝕」に差異はあるか?

 
 酸蝕症は、化学工場など酸を取り扱う作業者がその酸によって、歯のヒドロキシアパタイト(HAP)が脱灰されたものと考えられているが、少なくともわが国のような先進工業国では、酸蝕症に罹患するような劣悪な作業環境は労働衛生の観点からも問題にする必要はないと考える。
 それよりも、う蝕を感染症と捉える方が問題は大きいと考える。ストレプトコッカスミュータンス連鎖球菌(乳酸産生菌)などの微生物が生息している汚染された口腔内において、健常な歯はエナメル質によりそのイノチは守られていると考えたい。中林はう蝕を乳酸産生菌が作り出す乳酸による酸蝕症と考えたい。即ち、口腔内で産生される乳酸の量をゼロにできれば、う蝕は防止できると考える。歯科医師と歯科衛生士がプラークコントロール(歯垢、バイオフィルム)の意味とエナメル質の生物学的機能を辺縁の科学の知識を駆使して理解してくれることを期待したい。そして、口腔健診の際にプラークコントロールは歯の周りだけでなく、歯の表面を含む口腔内全体を清潔にする必要性を患者にインフォームドコンセントして欲しいのである。
 酸性雨が地球環境を汚染しているとされ、石炭火力発電所の排煙脱硫技術や石油精製時に遊離される硫黄分の回収技術の向上により、酸性雨の被害は先進国では一応解決されていると考えるが、地球全体から見ると国境を越えた酸性雨の被害を低減する必要はある。
 中林は人々の口腔内で日常的に乳酸産生菌により産生される乳酸による酸蝕症を防止したいのである。これには生息するミュータンス菌の数を減らすことと、ミュータンス菌のエサとなり乳酸産生の源となる食物残渣を口腔内のブラッシングにより徹底的に除去することが必要であると考える。歯のブラッシングだけでは不十分であるとしたい。これまでのう蝕予防では、う蝕に罹患する歯をブラッシングすれば事足りると考えられてきたようであるが、あえてう蝕の原因を乳酸による酸蝕とすると乳酸が産生される部位全体をブラッシングの対象とすべきことを理解できよう。
 更に、象牙質接着の際に、スミヤー層は除去した方が得策であるとされているのと同じように、スミヤー層も口腔内で産生される乳酸により脱灰消失されるので、スミヤー層が知覚過敏症消退に有効であるとされた過去の期待感は無効であることも理解して欲しい。
 う蝕の治療は接着性レジンで完治するのではなく、良質の接着システムが作る樹脂含浸象牙質の外来刺激不透過性の機能が乳酸の辺縁漏洩を阻止する結果、二次う蝕と術後に惹起される知覚過敏と歯髄炎を阻止する上で有効であると考えて欲しい。修復物の脱落を接着力で阻止する考え方は、支台歯を構成している塩基性のHAPが口腔内で歯科材料よりも不安定である事実から考え無理なのである。即ち歯を構成する無機質成分が酸で分解されやすい塩基性のリン酸カルシウムであることが、修復物の脱落の原因であることを、酸蝕症を理解したと同じように理解して欲しい。唾液の緩衝能で食後間もなく唾液のpHが中性に戻るのではなく、HAPが乳酸の中和に消費されている(う蝕の原因)ことを認識して欲しいのである。

う蝕は乳酸とHAPの中和反応に基因する

 
 う蝕は、口腔内で産生される乳酸と、塩基性のヒドロキシアパタイとで構成される歯の中和反応で引き起こされる。
 
 これまで、乳酸がう蝕の原因であると説明してきたが、もう一点、歯を構成している無機質成分、ヒドロキシアパタイトが塩基性のリン酸カルシウムの結晶であることがう蝕の原因であることを強調したい。即ち、乳酸とHAPの中和反応がう蝕罹患の化学反応なのである。
前回の記事で、う蝕を酸蝕症であると記し、乳酸だけが原因を作っているように理解される文章になっていたが、歯自体、酸と反応しやすい塩基性の化合物HAPで出来ており、う蝕に罹患する原因を持っていることを明記しそびれた。乳酸とHAP両者がう蝕の原因物質であると表現したい。HAPは歯の組織の一部であるので、変えることは出来ないので、う蝕予防には乳酸の産生量を可及的にゼロにするしか方法はないのである。これには、口腔内全体を歯ブラシで清潔に保つしか方法がないことを再認識して欲しい。

予防歯科を含め歯科医学の基本は正しいか

 
 歯科治療は信頼性に乏しいといわれている。信頼性を高めるために、歯科の研究者は悪戦苦闘してきたが、満足のいく解決策はえられていない。歯科医療の原点に解決できない原因が存在していないか?
 歯科医師にむし歯の治療を任せる以前に、歯や骨の組織が塩基性リン酸カルシウムの結晶(ヒドロキシアパタイト:HAP)で構成されているために、酸性の環境では弱いことを認識する必要がある。これは歯科医師や整形外科医の問題である前に、化学の常識である。これが、血液を酸性にしない日常生活が骨粗しょう症を予防する生活態度であり、口腔内を酸性にせず、むし歯に罹らないようにする日常的注意点である。健常であれば自分の力で血液が酸性になる心配はない。歯には血管がないので、血液の力でむし歯を予防することは期待できない。そのために、私達は歯ブラシを使って口の中を清潔にすることが必要なのである。歯ブラシで歯を磨くことは常識的であるが、乳酸が作られる場所は歯の表面だけではなく、口の中全体にあることを認識して欲しい。唾液の力に頼るよりも、口の中を清潔にして、口腔内に生息する乳酸産生菌の数を減らし、口の中に付着している食べ物の粕が常在菌の餌となり乳酸に転換されないようにすることが肝要である。
 歯科医師教育の初めに、歯を上手く削る技術教育としてエナメル質を切削するトレーニングが強く求められているが、エナメル質を削り取っても身体に悪影響はないのか、考え直す必要がある。皮膚は私達の身体を守る防護壁の働きをしている。エナメル質は削り取っても良い不必要な組織か。歯科医師は最初に受けるトレーニングで、エナメル質を削り落としても実害はないと誤解しているように思う。エナメル質を切削することが二次カリエスの原因ではないか。エナメル質は歯にとってはそのイノチを守る大切な防護壁なのである。これは歯科医師ばかりでなく、歯を使って生きている人間一人一人にとって大切な組織であることを忘れてはならない。エナメル質を削り落としてしまうと、その次には歯を失う運命が待っており、そして最終的に不愉快な入れ歯のお世話になるか、高額の支払いを請求されるインプラントが待っている。
 エナメル質が硬いのは、防護壁としての機能を発揮して歯を一生使い続けられるようにした、自然の恵みなのである。戦闘でも最強の防衛線を撃破すれば勝利は間違いない。これと同じように最強の防衛線、エナメル質を失った歯は口腔内では負けが決定的である(抜歯になる)。
 むし歯を治してもらえない患者予備群の人々は勿論、歯の健康維持のプロであるべき歯科医師もエナメル質の大切さを学び、一生歯で苦労しない人生を送って欲しいと願う。
 歯科医師は、削る名人よりも、むし歯予防の達人であって欲しい。

露出象牙質は口腔内で不安定 だからむし歯の治療が難しいのです

 
 う蝕治療後修復物がなぜ脱落するか。修復物を支えるべき周りの組織が消え去ったら、修復物はどうなるか。むし歯の治療後、永久的治療を目指した修復物の脱落防止策を求めて歯科医師たちは真剣に研究をしてきた。患者の側は、歯科医師がきちんと治療してくれているはずであると信じている。国もむし歯治療は確実に行われていると信じて疑わない。
象牙質という組織は、エナメル質に囲まれていて初めて口腔内に安定して存在し続ける。不幸にして、エナメル質に穴が開き象牙質が露出するとどうなるか。これをう蝕罹患歯と呼んでいる。エナメル質に何故穴が開くか。患者の口腔衛生観念欠如であることは確かであるが、う蝕に罹患しないようにする対策を考えるには、化学の目でう蝕罹患の原因を考えて見る必要がある。
 多糖類を食すると口の中は一時的に酸性に傾き、この時に歯を守る虎の子のエナメル質が酸によって解かされてしまう。唾液中に溶け出した酸は間もなく唾液の緩衝力とヒドロキシアパタイトとの反応によって中性になる。酸がエナメル質を解かすのは、塩基性のリン酸カルシウムであるエナメル質の主成分ヒドロキシアパタイトの結晶が酸と中和反応を起こし、結晶が唾液に解けていくからです。中和反応とは中学生時代に勉強した塩酸と水酸化ナトリウムが反応して中性になることです。中学の化学の知識は私たちの健康にも大切な知識を与えてくれていることを理解しましょう。
 
 口の中で露出した象牙質が消えていく原因は、エナメル質のヒドロキシアパタイトが酸と中和反応により解けていくのと同じ化学反応によるのです。しかも象牙質のヒドロキシアパタイトはエナメル質のそれと比べ結晶が小さく、酸と反応しやすいのです。これが、象牙質のう蝕の進行が早い理由でもあります。ですから象牙質が露出するとストレプトコッカスミュータンス連鎖球菌が産生する乳酸によりヒドロキシアパタイトがどんどん溶かされ続けるのです。これを防ぐことは非常に難しいと考えるべきです。理論的には口腔内に生息するストレプトコッカスミュータンス連鎖球菌の数をできるだけ減らし産生される乳酸の量を減らすことですが、毎食後ブラッシングによりストレプトコッカスミュータンス連鎖球菌の数を減らし、う蝕の進行を遅らせる上では大切な生活習慣です。露出象牙質のう蝕進行を遅くする努力よりは、エナメル質の脱灰を抑えるとともに、唾液によるヒドロキシアパタイトの再結晶化による目に見えないエナメル質微小脱灰部分の修復がより重要です。
 
 私たちはエナメル質が歯の組織の周りを包み込み、外界からの刺激を防ぐ重要な障壁であることを理解すべきなのです。エナメル質に穴が開いた歯は、細胞膜に傷ができた細胞や貝殻に穴が開いた貝と同じように、歯の生命に危険が迫っているのです。この事実に気付いていない歯科医学では人類の歯の健康を守ることは難しい可能性があります。歯と口の健康について学び、歯を大切にしましょう。